カメラのショット数を調べるページです

デジタルカメラ(特にデジタル一眼カメラ)をオークションで販売したり、お友達に譲ったりする場合、 これから先の耐久度を測る目安に総ショット数(撮影枚数,レリーズ回数,シャッター回数)がわかると便利です。

ショット数.com」はツールのインストールや画像の変換など、むずかしい操作は一切不要。 カメラから取り出したJPEGファイルを送信するだけでショット数がわかってしまうサイトです。

ご利用は完全にフリー

  • 無料です!
  • メールアドレスも不要です!
  • 会員登録も不要です!

使い方はカンタンです!

デジタルカメラから取り出した写真(JPEG形式、10MB以内)をのフォームから送信してください。 すぐにショット数をお答えします!

おしらせアイコン 最新情報  
2017/09/14
新しいカメラへの対応を行いました。
特定の機種で103エラーが出る問題の修正を行いました。もしもまだ発生しましたらご連絡お願いいたします。
2017/08/29
特定の機種で103エラーが出る問題がまだ発生しております。ご連絡いただいた方々、ありがとうございます。
> 現在毎日の睡眠が3時間しか取れないほど多忙となっており、修正の時間が取れておりません。今しばらくお待ちください。
2017/04/04
判定システムを更新しました。特定の環境で103エラーが出る問題を修正しましたが、まだ完全ではありません。引き続き情報をお待ちしております。
2016/11/11
判定システムを更新しました。一部最新カメラに対応しました。
2016/7/20
判定カメラリストのページリンクが一部まちがっておりました。修正いたしました。情報を送っていただいたかた、ありがとうございました!
2016/6/5
判定システムがエラーを起こしており、ずっと「判定中」の画面で停止する状態になっていました。修正いたしました。情報を送っていただいたかた、ありがとうございました!
2016/5/28
判定システムを更新しました。一部最新カメラに対応しました。
2016/5/7
判定システムが無応答になるエラーに対応しました。情報を送っていただいたかた、ありがとうございました!
2016/5/3
激安撮影機材の検索ページを追加しました。
判定システムを更新しました。
2016/4/28
判定システムを更新しました。
2016/4/12
新システムへ以降しました。
2016/3/11
新しい機種への対応をいたしました。
判定システムを刷新し、安定性が向上し、対応機種が増えました。
2015/12/13
新しい機種への対応をいたしました。
エラーで判定がずっと続くエラーを修正いたしました。
送信フォーム
  • 調べられる画像形式はJPEG(ジェイペグ)形式のみです。
  • 写真の容量は10MB(メガバイト)以内で送信してください。10MB以上は受け付けできません。
  • なるべく写真加工ソフトで加工をしていない写真(デジカメからインポートしただけの写真)を送信してください。 加工ソフトによっては、分析に必要な内部データ(枚数等)を消してしまうものがあります。
分析中アイコン

ただいま写真を分析中...
少々お待ちください

写真データの中に撮影枚数が入っていない機種や、新しくて対応できていない機種もあります。 調査できない写真もありますのでご了承ください。(キヤノン、ニコン、ペンタックス、ソニーのデジタルカメラは撮影枚数が入っている機種が多いようです。)

枚数が判定できたよ!というときはぜひカメラ名や機種をツイートしてください!
判定可能機種に書き加えさせていただきます。^^

プロ用撮影機材 激安セール品!

撮影機材をさらに見る場合は激安撮影機材の検索ページへ移動してください。
PR

質問と回答

送信した写真はどうなるの?

送信された写真は機械的に(人間が介さず)枚数をチェックし、判定後すぐに消去されます。写真がどこかに残ることはありませんのでご安心ください。

もしどうしても心配な場合は、まっ白な紙を撮影したりして人物などが写っていない写真をご送信ください。

枚数が判定できません。なぜ?

判定できない理由はいくつかありますが、

  1. 写真に枚数が記録されていない機種である
  2. カメラが新しくてまだ判定システムが対応できていない
  3. 写真内部のデータが編集ソフトによって消されてしまっている
  4. 写真がJPEG形式ではない

いちばん多い理由は1番で、もともと枚数を記録しない機種であることです。どのカメラが対応してるかはこちらのページで確認できます。

新しいカメラには随時対応していきますが、たった一人で作っているのですぐには対応はできません。ご理解いただけると助かります。

なぜ無料で使えるの?

このサイトはもともと私の妻(プロカメラマンです)やその友人が、カメラを譲りあったり、買ったりするときに手軽に枚数を調べられるよう善意で作ったものだからです。

もう一つの理由としてはヤフオクなどにカメラを出品する際、ショット数がわかると、入札が多くなったりすることがわかり(特に一眼レフの場合)、「カメラを出品する多くの人に役立つといいな」と思い無料公開しています。